« 中国の外貨準備高 | トップページ | NHKの世論調査 »

米中首脳会談

トランプ米大統領と中国の
習近平 国家主席が6〜7日に
パームビーチで首脳会談を行いました。

習氏は北朝鮮の核・ミサイル開発問題を
巡って米朝双方に自制を求め、在韓米軍への
米最新鋭ミサイル防衛システム
「最終段階高高度地域防衛(THAAD)」
配備に反対する立場を改めて
表明したそうです。

会談に同席し、新華社通信などの
取材に応じた 王毅 外相が
明らかにしたそうです。
最大の焦点を巡る議論は
平行線に終わったそうです。

王氏によると、習氏は会談で、
国連の対北朝鮮制裁を完全履行する
意向を示したが、問題の解決のためには、
北朝鮮の核・ミサイル開発の停止とともに
米国による韓国との合同軍事演習など
「軍事的圧力」も停止するべきだと
主張したそうです。

でも、今回は、アメリカも勝ちですね。
シリアへの攻撃もあります。

一枚、アメリカの方が上だったですね。
駆け引きです。
中国が次に、どのような手を打って
くるでしょうか。

注目です。

|

« 中国の外貨準備高 | トップページ | NHKの世論調査 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事