« NHKの世論調査 | トップページ | お坊さん便 »

作りおきのカレー

食中毒を引き起こす「ウェルシュ菌」と
いうのがあるそうです。

この菌には熱に強いものがあり、
作りおきしたカレーや煮物などを
食べて発症するケースが
多くみられるそうです。

春にも食中毒が起きており、
注意が必要だそうです。

3月8日夕方から翌朝にかけて、
東京・世田谷の私立幼稚園の
園児67人と教職員9人の
計76人が次々と、下痢や腹痛、
嘔吐(おうと)の症状を訴えたそうです。

複数の患者の便からウェルシュ菌が
検出され、保健所は、8日昼の「年長組を送る会」で
食べたカレーが原因と断定。
カレーは、7日午前11時ごろから、教職員と
園児が職員室で、二つの大きな鍋を
使って作り、そのままの状態で、
一晩常温で保存。
食べる直前に再加熱したそうです。

ウェルシュ菌の中には「芽胞(がほう)」という
殻のような状態になるものがあるそうです。
熱に強い芽胞は、100度で60分間
熱しても死滅しないそうです。

怖いですね。
カレーなどは、注意する必要が
ありますね。
ノロウィルスもありますので、
食中毒には、気を付けないと
いけませんね。

|

« NHKの世論調査 | トップページ | お坊さん便 »