« 復興城主 | トップページ | 一帯一路会議 »

中国のネットサービス

インターネットを使ったサービスが、
中国の日常生活で急速に浸透しているそうです。

昨年、インターネット人口が7億人を突破し、
通販や決済などのネットサービス利用者は、
都市部に限らず地方でも拡大しているそうです。

電子商取引最大手のアリババグループなど
中国発の大手ネット企業も増えているそうです。

政府のネット規制で海外の有力企業との
厳しい競争から守られることで中国ネットサービスは
独自の成長を遂げているそうです。

日本総合研究所によると、中国のネット人口は
7億人を超え、全人口の50%を突破。

流通網などインフラが未整備の地方でも、
ネットサービスの利用が急伸しているそうです。

通常は、実店舗からネットに移行しますが
中国は、最初からネットにいっています。

問題は、ネットだと雇用が拡大しませんね。

少ない人数で販売できます。
店舗も雇用も必要ありませんン。

これからどうなるのでしょうか。

|

« 復興城主 | トップページ | 一帯一路会議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事