« 一帯一路会議 | トップページ | ニッセン »

憲法改正

憲法記念日に安倍晋三首相が
ぶち上げた「2020年憲法改正」
発言に対し、自民党内から反発が
噴出しているそうです。

二階俊博幹事長、高村正彦副総裁らは
寝耳に水で“お友達”らと決めたと
いっているそうです。

「自民党結党以来の悲願だ」と安倍首相の
鼻息は荒いが、5月3日の発言は
来年の総裁選で3選を目指す首相にとって、
踏んではならない地雷になったようです。

「政権が4年経過したのに憲法改正機運が
盛り上がらない。いつまでも待ってはいられない。
直球勝負でいきたいが、国民投票でしくじったら
総辞職ですよ。十分、自覚してます。だから、
9条3項に手をつけたい」
今年1月、都内で首相は信頼する“お友達”の
政策ブレーンにこう胸中を吐露したそうです。

でもですね。
安倍首相以外に、総裁になれる人が
いますか。
安倍首相意外だと支持率が絶対に
落ちます。

そして、自民党内部の重鎮が本当は
憲法改正を発言すべきです。

だから安倍首相が発言したのです。
期限を切ることが重要です。

期限を決めないと日本人は
絶対に動きませんからね。

早急に憲法改正すべきです。

|

« 一帯一路会議 | トップページ | ニッセン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事