« 青学法科大学院 | トップページ | 高齢者向けのスーパー »

区割り法案

区割り法案です。

衆院選の「1票の格差」是正のため
の今国会会期内に成立する見通しだそうです。

成立後約1カ月の周知期間を経て、
今夏から新区割りでの衆院選が
可能になるそうです。

改正案は、衆院議員定数を小選挙区で6、
比例代表で4それぞれ削減し、戦後最少の
465とするそうです。

区割りの見直し対象は19都道府県の
計97選挙区で過去最多だそうです。

格差は現状の2.176倍から、
2020年推計人口で最大1.999倍に
縮小するそうです。

小選挙区の定数は、青森、岩手、三重、
奈良、熊本、鹿児島の6県で1ずつ削減される。

比例では東北、北関東、近畿、九州
の4ブロックで1ずつ減るそうです。 

格差が減るのはよいことです。
でも、議員自体が多すぎますね。
参議院は、必要ないと思います。

|

« 青学法科大学院 | トップページ | 高齢者向けのスーパー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事