« 野球離れ | トップページ | ヤマト運輸 »

犬の認知症

ペットの犬や猫の高齢化が
進んでいるそうです。

だが、ターミナルケア(終末期医療)に
取り組む動物病院はまだ少ないそうです。

現在、国内外において犬猫の獣医学研究は
発展途上にあるそうです。

認知症のメカニズムの全容は
科学的に証明されていないそうです。

犬の認知症はアルツハイマー病と
異なるそうです。
アルツハイマー病の特徴の一つは
老人斑という脳の病変だが、犬の
老人斑は人間と比べて薄く、
症状とは関連しないそうです。

犬の場合、認知症の症状は明確だそうです。
15〜17歳で夜鳴きや徘徊、
壁の前で立ち尽くすなどの現象が
起きることがあるそうです。

人間でも大変なのに、犬の
認知症が出るともっと大変ですね。

飼い主は、人間と同じように
終末まで考えて飼う必要が
ありますね。

|

« 野球離れ | トップページ | ヤマト運輸 »

ペット」カテゴリの記事