« 高齢者向けのスーパー | トップページ | 山手線 »

カール

約半世紀にわたって親しまれてきた
スナック菓子「カール」です。
突然売れ始めたそうです。

メーカーの明治(東京)が5月25日、
販売不振を理由に東日本での販売を
今夏以降で終了し、西日本でも
種類を大幅に減らすと発表したそうです。

すると、スーパーなどで売り切れが続出。
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)
上には「カールが買えない」という
書き込みがあふれているそうです。

福岡市東区にあるディスカウントストア
「ミスターマックス吉塚店」の菓子売り場は
5月31日、カールが置かれていた棚が
ぽっかりと空いていたそうです。

明治の発表3日後の28日に
売り切れたそうです。
女性従業員は「今朝もお客様から入荷の
予定はないのかと聞かれたが、いつだとは
答えられない」と話しているそうです。

でも、一過性ですね。
日本人ですね。
こういうニュースがあると、その時だけ
売れます。
そして、すぐに、戻ってしまいます。
そんなものです。

|

« 高齢者向けのスーパー | トップページ | 山手線 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事