« マイクロソフト | トップページ | アマゾンジャパン »

パリ協定

ドイツ北部ハンブルクで開かれていた
主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は
8日、首脳宣言を採択して閉幕しました。

米国以外の19カ国が結束して
地球温暖化対策の国際的枠組み
「パリ協定」に取り組むことが明記され、
米国の孤立が鮮明になったそうです。

貿易問題では、反保護主義の
文言が明記されたが、昨年の
首脳宣言と比較すると表現は
弱められたそうです。

首脳宣言では、G20全体で温室効果ガスの
削減などに取り組むことを明記。

そのうえで、米国以外の参加国は
「パリ協定の早急な完全実施に向けた
強い決意を再確認する」としたそうです。

協定離脱を表明した米国については
「化石燃料をよりクリーンで効率的に
使えるよう、ほかの国と緊密に協力する」
などと別途言及されたそうです。

大統領が代わるとこんなに変わるのですね。
アメリカ国内も分裂しています。

でも、クリーンエネルギーは時代の
流れですからね。
アメリカはどうするのでしょうかね。

|

« マイクロソフト | トップページ | アマゾンジャパン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事