« 出生数の低下 | トップページ | 一晩寝かせたカレー »

憲法改正

自民党の保岡憲法改正推進本部長は、
歴史的大惨敗となった都議選の結果は
党の改憲論議のスケジュールに
影響しないとして、安倍総理が目指す
年内に党の改憲案を国会に提出する
方針に変わりないことを強調したそうです。

「具体案をお見せするということが
出発点で、そういう段階にもう入ったと
いう認識で推進本部は具体案をつくる。
これは都議選の結果とは本質的に関係ない」
(自民党 保岡興治 憲法改正推進本部長)
だそうです。

保岡氏は都議選の結果を受けて、
自民党内から慎重に時間をかけて
議論を行うよう求める声があがっていることなどに対して、
このように述べ、安倍総理が目指す年内に
党の改憲案を国会に提出するという
スケジュールを見直す考えはないことを
強調したそうです。

これだけ、北朝鮮のミサイル問題、中国問題が
あるのに、憲法改正を議論しないことが
おかしいですね。

議論して早急に憲法改正すべきですね

|

« 出生数の低下 | トップページ | 一晩寝かせたカレー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事