« 北朝鮮への制裁 | トップページ | 出生数の低下 »

日銀短観

日銀が3日に発表した短観、企業短期経済観測調査です。

人手不足を示す指数が引き続き
25年前の平成4年以来の高い
水準にとどまっているそうです。
今後、企業活動への影響の広がりが
懸念されるそうです。

日銀の短観では、国内のおよそ
1万1000社に景気の見方を
聞くとともに雇用の状況も調べて
いるそうです。

日銀が3日に発表した今回の短観では、
従業員の数が「過剰」と答えた割合から
「不足」と答えた割合を差し引いた
指数が大幅なマイナスになったそうです。

これは人手が足りないと感じている
企業が多いことを示し、このうち、
大企業はマイナス16ポイントと、前回、
3か月前の調査よりマイナス幅が
1ポイント拡大したそうです。

また、中小企業はマイナス幅が
前回より1ポイント縮小しましたが、
マイナス27ポイントと高止まり
しているそうです。

人手不足が深刻ですね。
生産性を上げていくのが
必要ですね。

|

« 北朝鮮への制裁 | トップページ | 出生数の低下 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事