« 民進党から離党 | トップページ | 関東地方 »

中小企業の求人状況

中堅・中小企業が学生確保に
苦心しているそうです。

マイナビ(東京都千代田区)が実施した
2018年卒業予定の全国大学生・大学院生を
対象とした調査です。

8月末時点での内々定率は82・7%。
前年同月を5・2ポイント上回り、
売り手市場の傾向が明確になったそうです。

そんな中、中堅・中小企業が有効な
手段とするのがインターンシップ(就業体験)。

知名度アップや入社後のミスマッチ防止に
つながるとして、活用が広がっているそうです。

文部科学省によると、インターンシップの
実施大学数や参加学生数は97年以降拡大し、
全大学の72・9%が単位認定(2014年度)
しているそうです。

これ以外にも企業が独自に募集した
インターンシップに対し、学生が大学等を
介さずに個人で応募・参加する
事例が多数あるそうです。

実際に、職場や仕事の経験ができるのは
よいですね。
その会社の雰囲気もわかります。
ミスマッチも減少します。

|

« 民進党から離党 | トップページ | 関東地方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事