« GUのハイテク店舗 | トップページ | 中小企業の求人状況 »

民進党から離党

民進党からまた離党者がでたそうです。

「自民党に対抗できる勢力を
新たにしっかりと作っていきたい」そうです。
(民進党 笠浩史衆院議員)

民進党の笠浩史衆院議員と
後藤祐一衆院議員が離党届を提出したそうです。

離党の理由について2人は今の民進党では
自民党に代わる「受け皿」になり得ないと説明。

先に離党した細野元環境大臣と、小池東京都知事に
近い若狭衆院議員が進める新党結成の
動きに参加する意向を示したそうです。

前原新体制発足後も離党者が相次いでいた
民進党ですが、大島幹事長は、当初離党が
取りざたされていた5人のうち、
残りの2人は離党せず、これで離党問題は
収束した、という見方を示しているそうです。

どうでしょうかね。

民進党は、まず政策を作るべきですね。
そうでないと、何をやるかわかりませんね。

|

« GUのハイテク店舗 | トップページ | 中小企業の求人状況 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事