« アメリカの対日貿易赤字 | トップページ | 日本の成長率 »

景気動向指数

景気の現状を示す8月の景気動向指数です。

前の月から1.9ポイント上昇し、
2か月ぶりに改善したそうです。

内閣府は8月の景気動向指数を発表し、
現在の景気を示す「一致指数」は2010年を
「100」として「117.6」となり、前の月と
比べて、1.9ポイントのプラスになったそうです。

国内向けの自動車や建設機械に加えて、
アジア向けの半導体製造装置など
幅広い業種で生産が増加したことが
プラスの要因だそうです。

内閣府は、一致指数から機械的に
判断する景気の基調判断を「改善を示している」に
10か月連続で据え置いているそうです。

実感はないですが、企業の
業績はよいですね。

全体的には、よくなって
いるのですね。

|

« アメリカの対日貿易赤字 | トップページ | 日本の成長率 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事