« 横綱・白鵬が休場 | トップページ | 平昌五輪 »

寒冷地のEV

寒冷地でも走行可能な電気自動車
(EV)を開発しようと、道内の中小企業
10社が、トヨタの1人乗りの超小型EVを
ベースにした「ネイクル タイプ2」を共同開発し、
19日に札幌ドーム(札幌市豊平区)で開幕した
「札幌モーターショー」に出展したそうです。

寒さで蓄電池の性能の低下が
懸念されるEVの寒冷地仕様車は
全国で初めてで、6月から一般販売を
始めるそうです。

中小企業基盤整備機構北海道本部などが
2013年、札幌市の設計会社「ウィル・イー」や
旭川市のモーター製造会社「コスモメカニクス」
など10社に呼びかけて開発チームを結成。

各社がそれぞれの技術を持ち寄って、
寒冷地でも安全に走行できるEVの
開発に乗り出したそうです。

車体は公用車や近所への買い物での
利用を想定し、「コムス」(全長約2.4メートル、
車幅約1メートル)を活用したそうです。

寒冷地仕様ですか。
いいですね。
普及すればよいですね。

|

« 横綱・白鵬が休場 | トップページ | 平昌五輪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事