« ひきこもり | トップページ | トヨタとマツダ »

トヨタのEV

トヨタ自動車です。

自動運転の電気自動車(EV)を
使ったサービスの開発に向けて、
米IT大手アマゾンなど5社と
提携すると発表したそうです。

ネット通販の商品や人を運転手なしで
運ぶことを想定しており、まずは20年の
東京五輪で選手らを輸送する計画だそうです。
20年代前半からは各社との実証実験を
米国などで始めるそうです。

米ラスベガスで9日開幕する家電・技術
見本市「CES(セス)」にあわせ、トヨタが
試作した商用EV「eパレット・コンセプト」を
公開したそうです。

車両の長さは4・8メートル。直方体の形を
した車体の四隅にタイヤをつけて広い
車内空間を確保しており、立った状態の
人を20人載せられるそうです。

内装は使い道によって変えることができる。
長さ4~7メートルの範囲で、ほかに2車種も
用意するそうです。

アマゾンのほかに、中国の配車大手、
滴滴出行(ディディチューシン)やピザハット、
すでに提携済みの米配車サービス最大手の
ウーバー・テクノロジーズやマツダとも共同で
取り組むそうです。
無人での宅配や乗り合いタクシーのほか、
移動型の小売店や飲食店、ホテルなどへの
活用も期待できるそうです。

トヨタが本格的に進出してきましたね。
日本企業もどんどん開発に参加すると
よいですね。

|

« ひきこもり | トップページ | トヨタとマツダ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事