« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

稀勢の里の進退

相次ぐ不祥事で揺れる相撲界です。

29日、横綱審議委員会の定例会合が
行われ、初場所を休場した2横綱に
ついてなどが協議されたそうです。

およそ30分にわたって行われた
横綱審議委員会の定例会合。
まずは5場所連続の休場となった
横綱・稀勢の里についてだそうです。

「この数場所、同じことが続いている。
同じことを横審も言っている。
今回、それがまた繰り返されたことが
誠に残念」(横綱審議委員会 北村正任委員長)

長期休場は2003年に6場所連続で
休んだ武蔵丸以来。
稀勢の里の今後の進退については
含みを持たせたそうです。

「稀勢の里という、ファンが期待している力士。
何とか克服してほしい。同じことがまた繰り返される
ようなら、そこで考えなければならない」
(横綱審議委員会 北村正任委員長)
そうです。

厳しいですが、仕方ないですね。
負けていますから。
あとは気持ちかもしれません。
頑張ってほしいですが。

|

楽天が損保

楽天です。

29日、朝日火災海上保険(東京都千代田区)の
買収を検討していると発表したそうです。

損保を傘下に収めることで、電子商取引(EC)
など他のサービスとの連携を強化するそうです。

朝日火災海上は野村ホールディングス傘下。
2017年3月末時点の総資産は3689億円。
正味収入保険料は前年比13.7%増の
366億円、純利益は同14.2%増の5億円だそうです。

楽天は携帯電話事業にも参入する方針で、
顧客基盤を拡大するとともに、
会員を結びつける「経済圏」を固めるそうです。

楽天はいろいろなビジネスをやっています。
今度は、損保ですか。

顧客情報をもっているので
良いかもしれません。

注目です。

|

自民党・額賀派

歴代総理を多数輩出した自民党・額賀派が
揺れているそうです。

会長の額賀元財務大臣に対し
参院幹部らが退任を求め、25日の
派閥総会には所属する参院議員
全てが欠席。
派閥分裂の危機に瀕しているそうです。

関係者によれば、額賀派に所属する
自民党・吉田参院幹事長が今年に
入って額賀氏に対し、派閥の
会長の辞任を求めたそうです。

今年初めての派閥総会を迎えた25日
額賀派に所属する参院議員21名は
総会を欠席し、今後の対応については、
吉田氏に一任することを確認したそうです。

一方、“辞任勧告”を突きつけられた額賀氏は、
会長を辞任する考えはないことを明らかにした他、
派閥の衆院幹部も額賀氏を会長とする
体制を支持して行くことを確認したことから、
額賀、吉田両氏の対応次第で額賀派は
分裂の可能性があるそうです。

自民党もいろいろありますね。
分裂の可能性が大きいのですね。
どこも派閥を作りたがりますね。

|

円高

24日の外国為替市場です。

円相場が値上がりし、およそ
4か月半ぶりに1ドル=108円台
後半をつけました。

24日のニューヨーク外国為替市場では、
アメリカのムニューシン財務長官が、
スイス・ダボスでドル安が望ましいと
発言したと報じられたことを受けて、
ドルを売って円を買う動きが強まりました。

このため、円相場は去年9月以来
およそ4か月半ぶりとなる、
一時1ドル=108円台後半を
つけました。

市場関係者は、「今年に入ってドル安が進む中、
財務長官の発言でその流れが加速した。
世界的株高もあり、リスク回避のために円を買う
動きは乏しいが、結果としてはじりじりと
円高が進むのではないか」だそうです。

円高になっていますね。
発言だけで為替が動きますね。

株価にも影響を与えるでしょうね。
注視する必要があります。

|

貿易収支

財務省が発表した去年一年間の
貿易統計です。

輸出額から輸入額を差し引いた
貿易収支は、2兆9910億円の
黒字で、2年連続の黒字になったそうです。

半導体などの製造装置の
輸出が増え、アジアおよび
中国への輸出額が過去最大と
なったことなどが要因だそうです。

また、貿易不均衡を問題視する
アメリカに対する貿易黒字は
前の年と比べ3.1%増え、
7兆356億円となり、2年ぶりに
増加したそうです。

黒字はよいことですが、アメリカに対しても
増えているのですね。

日米で問題にならなければよいですが。

|

コンビニ来店客数

全国のコンビニエンスストアの
来店客数は、22か月連続で
減少したそうです。

日本フランチャイズチェーン協会が
12月の全国のコンビニエンスストアの
売上高を発表したそうです。

およそ8204億円となり、前の年の
同じ月と比べて0.3%減少したそうです。

先月は、気温が低い日が続いたため、
中華まんなどの売れ行きは好調でしたが、
ドラッグストアなどとの競争が激しく
なったことで、来店客数は前の年の
同じ月と比べて1.6%減少し、
22か月連続のマイナスになったそうです。

一方、客単価の平均は641.8円と、
前の年の同じ月と比べ1.4%増加し、
33か月連続のプラスだそうです。

日本フランチャイズチェーン協会は、
「コンビニ各社が、働く女性や高齢者を
ターゲットにした惣菜などの品揃えを
強化していることで、客が一度に購入する
品数が増えたことなどが要因」だそうです。

コンビニで来客店が減少したのですか。
競争が激しいですからね。
これからに注目です。

|

平昌五輪

2月9日に開幕する平昌五輪です。

北朝鮮参加という“お題目”の前で、
アイスホッケー女子の選手に
犠牲を強いる韓国政府に対して
若者が激怒しているそうです。

1月20日の国際オリンピック委員会
(IOC)と韓国、北朝鮮の各オリンピック委員会
など4者会談でアイスホッケー女子が
合同チームで出場することで正式に決定したそうです。

既成事実のように協議が進められ、
当事者の選手は置き去りの状況に
「努力が反映されず、ひどく失望している」と
反発していたそうです。

20~30代の若者は北朝鮮の「五輪ただ乗り」
などと露骨に反対を表明し、まるで「平壌五輪」の
ムードに嫌気が差しているそうです。
しかも大半が合同チームを推進している
文在寅大統領の支持者だそうです。

よくわからない韓国です。
オリンピックに政治を持ち込んでは
いけないのですが。
今から合同チームを作るのは
わかりません。
もっと、国民は反対すべきですね。

|

寒冷地のEV

寒冷地でも走行可能な電気自動車
(EV)を開発しようと、道内の中小企業
10社が、トヨタの1人乗りの超小型EVを
ベースにした「ネイクル タイプ2」を共同開発し、
19日に札幌ドーム(札幌市豊平区)で開幕した
「札幌モーターショー」に出展したそうです。

寒さで蓄電池の性能の低下が
懸念されるEVの寒冷地仕様車は
全国で初めてで、6月から一般販売を
始めるそうです。

中小企業基盤整備機構北海道本部などが
2013年、札幌市の設計会社「ウィル・イー」や
旭川市のモーター製造会社「コスモメカニクス」
など10社に呼びかけて開発チームを結成。

各社がそれぞれの技術を持ち寄って、
寒冷地でも安全に走行できるEVの
開発に乗り出したそうです。

車体は公用車や近所への買い物での
利用を想定し、「コムス」(全長約2.4メートル、
車幅約1メートル)を活用したそうです。

寒冷地仕様ですか。
いいですね。
普及すればよいですね。

|

横綱・白鵬が休場

大相撲、横綱・白鵬が初場所5日目の
18日から休場しました。

初日の朝稽古で右足、17日の取組で
左足のいずれも親指を負傷し、
全治2週間との診断されたそうです。
2連敗中だった白鵬、休場は2場所ぶり
7回目だそうです。

最初の土俵でも押されていましたね。

今場所は、張り手とかちあげをしませんでした。
非難が大きかったですからね。

やっぱり、横綱ですからね。
張り手とかちあげをしなくても勝つだけの
横綱相撲が見たいですね。

そうでないと、大鵬を抜いた優勝回数は
何だったのかといわれます。

厳しいですが稽古しないと
いけませんね。

|

野菜の価格

農林水産省は全国の野菜の小売価格を
調査したそうです。

白菜や大根などの価格が平年の
2倍以上高くなっているそうです。

農林水産省が今月8日から10日に
行った全国の小売店での価格調査に
よりますと、白菜が平年の215%、
大根は214%、キャベツが205%と、
それぞれ平年の2倍以上まで
高騰しているそうです。

去年の秋以降、産地で雨や気温が
低い状態が続いたためで、白菜については、
出荷量が回復するのは早くとも3月中旬になるそうです。

また、キャベツや大根についても、少なくとも
来月の10日ごろまでは高値が続くそうです。

家計に厳しい状態は、まだしばらく続きそうです。

野菜が高いですからね。
困りますね。

|

外国人旅行者の消費額

去年1年間に日本を訪れた
外国人旅行者の消費額が、
初めて4兆円を超えたそうです。

観光庁は、日本を訪れた外国人旅行者の
去年1年間の消費額が前の年より17.8%増え、
過去最高の4兆4161億円になったと
発表したそうです。

一方で、滞在期間の短い韓国からの
旅行者が増えたため、1人当たりの
旅行支出は15万3921円と前の
年より1.3%減っているそうです。

2020年に消費額を8兆円とする
目標達成に向けて、田村観光庁長官は
「長く滞在してもらう環境の整備が重要だ」
そうです。

4兆円ですか。
すごい数字です。
中国人が多いのでしょうかね。

日本の景気にとってはよいことです。
これからの増加すればよいですね。

|

犬、猫から感染

イヌやネコなどの動物からヒトに
うつるジフテリアに似た感染症で、
国内で初めて、死亡例が確認されていたそうです。

これは「コリネバクテリウム・ウルセランス」という
細菌によって起きる感染症だそうです。

死亡したのは福岡県内の60代の女性だそうです。

この感染症はイヌやネコなど動物からヒトに
感染し、のどの痛みや咳など風邪のような
症状が出るほか、呼吸困難になる場合もあるそうです。

厚生労働省によりますと、抗菌薬の投与で
ほとんどは回復するということですが、福岡県内の
女性は2016年5月、呼吸困難になった3日後に
死亡したそうです。
女性は餌を与えていた野良猫から感染したと
みられていて、死亡例は国内で初めだそうです。

国内では去年11月までに全国で25人の感染が
確認されているそうです。

怖いですね。
気を付ける必要がありますね。

|

民進党と希望の党

民進党と希望の党が、国会で統一会派を
組むことについて大筋で合意したそうです。

「かなりの部分で歩み寄りができた。
党内でこれからいろいろな議論が
あるかもしれないが、十分それには
こたえることができる内容ではないかと」
(民進党・増子輝彦幹事長)
だそうです。

民進党と希望の党の幹事長は14日、
焦点となっていた安全保障関連法への
対応など基本政策について詰めの
協議を行い、統一会派を組むことで
大筋合意したそうです。

15日に国対委員長も出席する会議で
最終的に合意したいそうです。

実現すれば衆参両院で野党第一会派と
なりますが、一部で反対の声も
出ていて紛糾の可能性もあるそうです。

一方、立憲民主党の枝野代表は
この統一会派に合流する考えの
ないことを強調したそうです。

枝野さんは反対しているのですか。

どうなるのでしょうか。
一緒になると、昔の民進党と同じだと
思いますが。

|

イオンが値下げ

流通最大手のイオンはです。

全国で展開するスーパーなどおよそ
2800店舗で、来週17日から食品や
日用品など100品目を値下げすると
発表したそうです。

イオンが今月17日から値下げするのは、
プライベートブランド「トップバリュ」のうち
食品や日用品など100品目で、平均で10%程度、
価格を引き下げるそうです。

具体的には、レギュラーコーヒーは21円下げて
408円で、食器用の洗剤は10円下げて
95円で販売し、全国のイオンやダイエーなど、
およそ2800店舗が対象になるそうです。

イオンは2016年から段階的に値下げを
行っていて、売れ筋の食品や日用品の
価格を引き下げることで節約志向の強い
消費者の需要を取り込みたいそうです。

イオンは値下げしています。
消費者にとってはよいことですが。
デフレの脱却は難しいですね。

|

新車販売

去年1年間の国内の新車の販売ランキングです。

ホンダの「N-BOX」が初めて
首位になったそうです。
軽自動車が首位となるのは3年ぶりだそうです。

日本自動車販売協会連合会などによりますと、
去年1年間の新車の国内販売台数は、
ホンダの軽自動車「N-BOX」が21万8478台と、
初めて首位になったそうです。

軽自動車が首位となるのは
3年ぶりで、前の年に首位だった
トヨタ自動車のハイブリッド車
「プリウス」は2位だったそうです。

一方、日本自動車輸入組合によりますと、
外国車の新車の販売台数はあわせて
30万6000台あまりとなり、
過去2番目に高い水準だそうです。
最も売れた車はBMWの「ミニ」で、
ブランド別ではメルセデス・ベンツが
3年連続で首位だそうです。

ホンダが好調ですね。
人気があります。
頑張っていますね。

|

トヨタとマツダ

トヨタとマツダは、共同でアメリカの
南部アラバマ州に新しい工場を建設すると
発表したそうです。

トヨタとマツダの両社長は10日、共同で
16億ドル=およそ1800億円を投資し、
2021年からの稼働を目指してアラバマ州内に
新工場を建設すると発表したそうです。

トヨタは乗用車のカローラを、マツダはSUV=多目的型
スポーツ車などを生産することにしていて、
およそ4000人の雇用を新たに
作り出せるとしています。

トランプ大統領は日本の自動車メーカーに
アメリカ国内での投資や雇用の拡大を
求めていますが、トヨタは去年1月、
5年間でアメリカ国内に100億ドルを投資すると
発表していて、今回の新工場建設も、その一環に
なるそうです。

一方、現在、アメリカに生産拠点がないマツダは、
新工場建設をきっかけにアメリカでの
事業拡大に乗り出したい考えだそうです。

マツダはアメリカに工場がないのですね。
トヨタはノウハウを持っていますからね。
よいと思います。
日本企業に頑張ってほしいですね。

|

トヨタのEV

トヨタ自動車です。

自動運転の電気自動車(EV)を
使ったサービスの開発に向けて、
米IT大手アマゾンなど5社と
提携すると発表したそうです。

ネット通販の商品や人を運転手なしで
運ぶことを想定しており、まずは20年の
東京五輪で選手らを輸送する計画だそうです。
20年代前半からは各社との実証実験を
米国などで始めるそうです。

米ラスベガスで9日開幕する家電・技術
見本市「CES(セス)」にあわせ、トヨタが
試作した商用EV「eパレット・コンセプト」を
公開したそうです。

車両の長さは4・8メートル。直方体の形を
した車体の四隅にタイヤをつけて広い
車内空間を確保しており、立った状態の
人を20人載せられるそうです。

内装は使い道によって変えることができる。
長さ4~7メートルの範囲で、ほかに2車種も
用意するそうです。

アマゾンのほかに、中国の配車大手、
滴滴出行(ディディチューシン)やピザハット、
すでに提携済みの米配車サービス最大手の
ウーバー・テクノロジーズやマツダとも共同で
取り組むそうです。
無人での宅配や乗り合いタクシーのほか、
移動型の小売店や飲食店、ホテルなどへの
活用も期待できるそうです。

トヨタが本格的に進出してきましたね。
日本企業もどんどん開発に参加すると
よいですね。

|

ひきこもり

日本全国に70万人が40歳以上の
ひきこもりの人がいると推測されるそうです。

NPO法人「遊悠楽舎(ゆうゆうがくしゃ)」代表・
明石紀久男氏も「ひきこもりの中高年齢化はもはや、
全国どこにでも見られる現象です。
都市とか地方とか関係なく、日本全国にそういう親子がいる」
と指摘するそうです。

母と息子の「密着」も、ひきこもり長期化に
しばしば見られることだそうです。

どのお母さんも、息子をダメにした責任は
自分にあると言うそうです。
甘やかしてきたと。
そう言いながら、50になった息子を
甘やかし続けるわけです。
それ以外の関係が作れないから。
お金をあげれば喜ぶから、
それでいいとずっとあげ続けてきた。
ダメなものはダメと教えない。
それは面倒なことだから。
親が子どもをコントロールできないばかりか、
親自身が自分をコントロールできない。
なまじ資産があり、そうできちゃうから

だそうです。

そう思いますね。
ひきこもりの多くは親の責任です。

早急に対策をする必要があります。

|

半導体市場

2017年の半導体市場の
世界シェアです。

前年2位だった韓国サムスン電子が
米インテルを抜き首位に立ったそうです。

米調査会社ガートナーによる売り上げの
推計だそうです。

トップの交代は25年ぶりだそうです。 

サムスンは、主力のメモリー需要の
高まりに加え、供給不足による価格上昇で
売り上げが前年に比べ5割以上増加したそうです。

シェアは14.6%とインテル(13.8%)を
逆転したそうです。

ただ、ガートナーは、中国勢の増産によって
価格は今後落ち着くと指摘。
「サムスンは増収分の多くを失う」との
見方を示したそうです。

時代が変わったですね。
サムスンが1位ですか。

パソコンの需要が落ちていますからね。
サムスンは、スマートフォンを持って
いますからね。

|

10大リスク

アメリカの著名な政治リスク調査会社
「ユーラシアグループ」は、毎年恒例で
年頭に発表している「10大リスク」を発表したそうです。

トップに、アメリカの指導力が低下するなかに
おける中国の影響力拡大を挙げたそうです。

アメリカの著名な政治学者のイアン・ブレマー氏が
設立した政治リスク調査会社「ユーラシアグループ」です。

首位には「中国は真空を愛する」という題で、
トランプ政権下のアメリカが世界政治に
おける指導力を失っていくなか、中国が
貿易や投資、テクノロジーなどの分野で
国際的なリーダーシップを発揮しやすくなる点を
挙げたそうです。

続く2位にはサイバー空間や北朝鮮問題などでの
「偶発的な衝突の可能性」、3位にはAI=人工知能の
開発の覇権をめぐる米中の競争を軸にした
「グローバルな技術の冷戦」がランクインしたそうです。

そうですね。
アメリカの力が落ちてきました。

日本もよく考えて動く必要があります。
憲法改正を早くおこなうべきですね。

|

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »