« 洗濯代行 | トップページ | 英語の民間試験 »

辺野古工事差し止め訴訟

沖縄のアメリカ軍普天間基地の
名護市辺野古への移設についてです。

工事の差し止めを求めて沖縄県が
国を訴えた裁判で、那覇地裁は
沖縄の訴えを退ける判決を言い渡したそうです。

この裁判は、普天間基地の移設予定地の
名護市辺野古の沖合で、海底の岩礁を
壊す許可がないまま工事を進めるのは
違法だとして、沖縄県が国を訴えたものだそうです。

裁判では、沖縄県が埋め立て予定海域には
「漁業権が設定されていて、岩礁を壊す許可が
必要」と主張したのに対し、国は「許可は不要だ」と
反論していたそうです。

13日の判決で那覇地裁の森鍵一裁判長は、
過去の最高裁の判例に従い「地方公共団体が
義務の履行を求める訴訟は裁判所の審判対象
ではない」と述べ、実質的に審理せずに
沖縄県の訴えを退けたそうです。

もめていますね。

でも、普天間のいろいろな問題を
解決するには、辺野古への移設が
最善策だと思いますが。

|

« 洗濯代行 | トップページ | 英語の民間試験 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事