« 辺野古工事差し止め訴訟 | トップページ | ショップチャンネル »

英語の民間試験

大学入試センター試験の後継として、
2020年度から始まる大学入学共通テストの
目玉の一つは、英語の4技能を測るため、
民間試験を活用することだそうです。

しかし、その民間試験をめぐって
大学側から疑問を投げかける動きが
相次いでいるそうです。

国立大学協会は配点を英語全体の
1割弱に抑えるイメージ案を作成し、
東京大は「合否判定に使わない」という
方針まで示したそうです。

大学入試改革の根幹を揺るがしかねない
事態だけに、波紋が広がっているそうです。

難しい問題です。
どれだけ、客観的かということですね。

大学独自で行う方が
よいような気がします。

|

« 辺野古工事差し止め訴訟 | トップページ | ショップチャンネル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事