« 6次産業化 | トップページ | 福田財務次官のセクハラ問題 »

米中貿易戦争

中国の記事だそうです。

米国と中国の通商摩擦が激化し、
「貿易戦争」という言葉まで飛び交っているそうです。

まず鉄鋼・アルミニウムに高関税を
かけるとして口火を切ったのは
トランプ米政権だが、米紙は「貿易戦争は
米国の企業や農家、労働者も傷つける」と
指摘。

中国の官製メディアは徹底抗戦を
訴える一方で、「対外開放が米国への
圧力にもなる」と一歩下がって
説き、独紙は「米中の争いでばかを
見るのは欧州」と強い懸念を示したそうです。

中国共産党機関紙、人民日報系の
環球時報は8日付社説で、米中の
貿易戦争は現在、双方が「戦前の動員」を
行っている最中であり、「実際に勃発する
可能性は急速に高まっている」と
指摘したそうです。

社説は、米国が中国による知的財産の
侵害を問題視していることに触れ「米政府が
今回の貿易戦争を通じて、中国のハイテク技術能力に
打撃を与えようとしていることが
一層明らかになった」と主張。
「これは普通の貿易戦争ではなく、
米国が中国の台頭を阻止し、
米国の全面的優勢を保つための
戦略的行動だ」と決めつけたそうです。

当たっています。
過去、日本の最先端の技術が
アメリカにつぶされました。
同じことが中国にもしています。
中国の手腕をみたいですね。

注目です。

|

« 6次産業化 | トップページ | 福田財務次官のセクハラ問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事