« トヨタの業績 | トップページ | 沖縄旅行 »

加計問題

加計学園の獣医学部新設は文書に
あったように「首相案件」だったのかという問題です。

柳瀬元総理秘書官に対する参考人質疑で、
柳瀬氏は加計学園関係者らの面会を
認める一方、「首相案件」と発言した
ことは否定しました。

「4月2日だったのではないかと
思いますけども、加計学園の方、
その関係者の方と面会しました。
随行者の中に、愛媛県や今治市の
方たちがいらっしゃったのかなと、
かもしれないなというふうに思います」
(柳瀬唯夫 元首相秘書官)
だそうです。

これまで愛媛県関係者らとの面会について
「記憶にない」などと繰り返してきた柳瀬氏ですが、
10日はその詳細について、次のように説明しました。
面会の場所は総理官邸。政府側からは柳瀬氏に加え、
文部科学省などから出向していた内閣参事官2人が
出席したということです。

マスコミはいろいろ書いています。

でも、実際、聞いていると、正しいことを
話していますね。
普通のことだと思います。

今、問題なのは、何十年も獣医学部がなかったものが
やっと四国に出来たのはよかったと思いますよ。

もっと、全国に作ればよいと思います。

例えば、加計学園以外に希望する大学が
何十個もあって、その中で、加計学園が
選ばれたのなら問題ですが。
そんな話は一つも出てきません。

各県に獣医学部を作ったらよいと思います。
実際に不足していますからね。

馬鹿なマスコミと野党です。

|

« トヨタの業績 | トップページ | 沖縄旅行 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事