« 認可外の保育施設 | トップページ | イニエスタ選手 »

日大の再回答

日本大学アメリカンフットボール部の
選手が悪質なタックルによって、関西学院大学の
選手にけがをさせた問題です。

関学は十分な信頼関係を取り戻すまで、
日大との定期戦を中止すると
発表したそうです。

「あまり前の回答と変わらないという印象です」
(関西学院大学アメフト部 鳥内秀晃 監督)
だそうです。

悪質なタックルについて、日大は「指導と受けとり方に、
かい離が起きていた」と説明していましたが、
今月24日に関学に届いた2回目の回答書でも
再び「かい離」が原因とされました。

また、タックルをした選手には「事実の聞き取りが
できていない」などとしていて、関学は
「極めて不可解」だとしているそうです。

関学は「捜査機関による真相究明を強く
希望する」とし、日大との定期戦は信頼関係を
取り戻すまで中止するとしたそうです。

一方、警察に被害届を提出した選手の
父親は、タックルをした日大選手が重い
刑事責任を負わないために嘆願書を
出すとしたそうです。

|

« 認可外の保育施設 | トップページ | イニエスタ選手 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事