« ジャパンディスプレイ | トップページ | 立憲民主党 »

日大アメフト部

学生アメリカンフットボールの試合で
日大の選手が悪質なタックルを
見舞った一件です。

関学大の抗議文書に対する日大の
回答に内田正人監督(62)の辞任が
盛り込まれていないことが16日、
関係者の話で分かったそうです。

17日に会見する関学大は16日夜に
協議したそうです。

また、世間の厳しい目に加え、
日大の部員にも現体制に疑問を
持っている者も少なくないもようで、
名門チームは空中分解の危機に
立たされているそうです。

今回の件は6日の定期戦で日大の選手が
関学大QBに見舞った悪質なタックルが
発端だったそうです。

関係者の話では、試合前のハドル(作戦会議)で
内田監督が当該選手に指示を出したと
されているそうです。

内田監督が責任を取っての辞任は
確実とみていただけに、誠意ある内容を
期待した関学大としては“大甘回答”と受け
取らざるを得ないそうです。

負傷したQBに対して相手監督から
謝罪の言葉がないことも不信感に
拍車をかけているそうです。

問題がマスコミで取り上げられています。

日大もきちんと全容を明らかに
する必要がありますね。
きちんと報告する責任があります。

|

« ジャパンディスプレイ | トップページ | 立憲民主党 »

スポーツ」カテゴリの記事