« 日立の英原発 | トップページ | 日大アメフト部 »

ジャパンディスプレイ

経営再建中の液晶パネルメーカーの
「ジャパンディスプレイ」です。

4期連続で最終赤字に陥ったと
発表したそうです。

「ジャパンディスプレイ」が発表した
今年3月期の連結決算で、最終損益は
2472億円の赤字になったそうです。

これで4期連続での最終赤字となり、
赤字幅は過去最大になったそうです。

主力のスマートフォン向けの
液晶パネルの受注が減少したのに加え、
人員削減を含む構造改革に伴う費用が
かさんだことが主な要因だそうです。

「ジャパンディスプレイ」は、政府系ファンドの
「産業革新機構」から多額の金融支援を
受けて経営再建に取り組んできました。

しかし、世界のスマートフォン市場が
伸び悩むとともに、韓国や中国のパネル
メーカーとの競争が激化する中で、
再建への道筋は依然として不透明なままだそうです。

液晶しかないですからね。
次の製品が見当たりません。
リストラしたらまた優秀な人が退職します。
厳しいですね。

|

« 日立の英原発 | トップページ | 日大アメフト部 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事