« 日大問題 | トップページ | 日大の再回答 »

認可外の保育施設

政府が進める幼児教育の
無償化をめぐり、ベビーホテルなど
認可外の保育施設も、認可保育所の
平均額を上限として無償化の
対象とすることで最終調整しているそうです。

JNNの取材だそうです。

幼児教育の無償化については、これまで
比較的高額と言われるベビーホテルや
ベビーシッターなどに対して、どこまで
公的支援の対象とするかが議論に
なってきたそうです。

JNNの取材によりますと、政府は、こうした
サービスについて住民税非課税世帯の
0歳から2歳の子どもについては月に
4万2000円程度、3歳から5歳については
月に3万5000円程度を支援することで
最終調整しているそうです。

支援を全面的にスタートする時期に
ついては認可・認可外を問わず2020年4月を
前倒しして、来年の10月から開始する方向だそうです。

こうした方針は安倍総理が来月発表し、
その上で「骨太の方針」に盛り込まれる予定だそうです。

いいことです。
医療費や介護ではなくて子育てにお金を使うべきです。
保育費は高いですからね。
これで、子供が増えればよいですね。

|

« 日大問題 | トップページ | 日大の再回答 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事