« 上海協力機構 | トップページ | 北朝鮮 »

シャープ

大手電機メーカーの「シャープ」です。

様々なモノがインターネットとつながる
IoTの技術などを活用してペット事業に
進出すると発表したそうです。

猫用のトイレです。
トイレの底にはセンサーが組み込まれていて、
ネコがトイレをするたびに体重や
尿の量など健康状態に関するデータを
集め、スマートフォンに送信するそうです。
本体価格は2万4800円で、来月30日に
発売する予定だそうです。

単身世帯の増加などを背景に、散歩の
必要がなく室内で飼えるネコを飼う人が
増えていて、外出先からもネコの体調を
知りたいという需要が高まっているそうです。

シャープでは様々なモノがインターネットと
つながるIoTの技術を活用しながら、
2020年度にはペット事業で100億円程度の
売り上げを目指すそうです。

シャープの業績がよくなってきました。
経営者が変わると変わるのですね。

|

« 上海協力機構 | トップページ | 北朝鮮 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事