« シャープのスマホ | トップページ | 東芝 »

アメリカの追加関税

アメリカのホワイトハウスは500億ドル
およそ5兆5000億円相当の中国の
製品に追加の関税を課すと発表したそうです。

追加の関税は中国製品500億ドル=
およそ5兆5000億円相当が対象で、
25%の追加関税が課されるそうです。

知的財産権の侵害を理由に、航空宇宙や
情報通信、産業ロボットなどハイテク製品を
中心にした中国から輸入するおよそ
1100の品目に追加の関税を課すもので、
このうち、およそ820品目については
来月6日に関税を発動するそうです。

アメリカと中国の貿易摩擦は全面的な
対立が避けられない状況だそうです。

トランプ氏は声明で、「習近平国家主席との
友情や中国との関係はとても重要だが、
我が国との間の貿易は長い期間にわたり
非常に不公平だった。こうした状況は
もう続けられない」などと訴えています。

一方、中国商務省は15日、談話を発表し、
「国民の利益を断固として守るためには、
強く反撃せざるを得ない」と強く反発し、
「直ちに同じ規模と、同じ強さの関税措置を
導入する」と即座に報復する構えを示したそうです。

中国も、メンツがありますから、このまま
終われません。
報復関税のようです。

日本の自動車摩擦のときは、自動車だけ
でしたが、今回は金額が大きすぎます。
どうやって、解決をするのでしょうか。

|

« シャープのスマホ | トップページ | 東芝 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事