« サッカーの長友 | トップページ | 米中貿易摩擦 »

大飯原発

福井県にある関西電力・大飯原発の3号機と
4号機について、周辺の住民らが運転差し止めを
求めた裁判の控訴審です。

名古屋高裁金沢支部は、差し止めを認めた
一審の判決を取り消し、住民側の請求を
棄却したそうです。

判決の言い渡しで内藤正之裁判長は、
「大飯原発の危険性は無視しうる程度まで
管理・統制されている」として、住民側の
請求を棄却したそうです。

原発の運転をめぐる高裁の判決は
全国で初めてで、弁護団は上告について
協議するとしているそうです。

判断が分かれていますね。
今回は高裁ですか。

最高裁まで行くのでしょうか。

|

« サッカーの長友 | トップページ | 米中貿易摩擦 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事