« 大飯原発 | トップページ | アメリカの雇用統計 »

米中貿易摩擦

アメリカは、貿易不均衡を理由に
6日から中国製品に対する制裁関税を
発動するそうです。

中国政府は、アメリカが行動を起こし
次第、同等の報復措置を取る考えを
改めて示したそうです。

「中国は絶対に先に弾を打たない。ただし
アメリカが関税徴収を実行したら、中国は
やむをえず反撃しなければならない」
(中国商務省 高峰報道官)
そうです。

アメリカのトランプ政権は、日本時間の
6日午後1時に約3兆7400億円相当の
中国製品に対して25%の追加関税を課す
制裁措置を発動する構えだそうです。

これに対し、中国商務省の高峰報道官は
会見で、アメリカが行動を起こし次第、
報復措置に踏み切る方針を示したそうです。

一方で、「アメリカが制裁対象としている中国製品の
59%は中国に進出するアメリカなどの外資系企業が
生産するものだ」として、制裁措置によって
アメリカが自らの首を絞めることになると
強調したそうです。

中国は、実際に赤字になっていますからね。
報復をするよりも他の手立てを考えた方が
よいと思います。

報復をすると影響が大きい方が負けます。
中国の故事に戦い方たくさんあるのにね。

やり方はあまりよくないですね。

|

« 大飯原発 | トップページ | アメリカの雇用統計 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事