« 韓国の最低賃金 | トップページ | 楽天 »

55歳のサラリーマン

年金の支給開始年齢の引き上げを
にらんで、サラリーマンの定年が60歳から
65歳へと引き上げられています。

しかし、ほんの30年ほど前までは
「55歳定年」が主流だったそうです。

そんな「55歳」というボーダーラインは、
今日では見えざる壁となって現役サラリーマンの
前に立ちふさがっているそうです。

例えば、サラリーマンは55歳を超えると
会社から“戦力外”扱いされるという話もあり、
実際SPA!で55~60歳の男性にアンケートを
行ったところ(回答者数3018人)、58.9%が
「55歳を境に人生が“下り坂”になった」と
回答しているそうです。

家庭の事情が出てくるそうです。

大きいのは教育費の問題だそうです。
35歳で1人目、38歳で2人目の
お子さんという近年の標準的な例で言えば、
上の子が大学生で下の子がこれから大学受験という
時期。

そんなタイミングでの年収減は死活問題ですが、
家計に余裕があったときに上の子に
お金をかけていた人ほど、下の子に
差をつけるのは可哀想だと言って
年収が減っても無理をするそうです。

確かに定年が延長されたのはよいのですが、
55歳から役職定年などがあります。
給料も下がってきます。
厳しいですね。

|

« 韓国の最低賃金 | トップページ | 楽天 »

ニュース」カテゴリの記事