« 日中平和友好条約調印40周年 | トップページ | 日銀資産 »

大阪府警の容疑者逃走事件

大阪府警の容疑者逃走事件です。

接見室の扉が開くと音が鳴る
ブザー装置の電池を抜き取っていたのは、
府内65署のうち富田林署だけだったそうです。

「理由を調査している」としているが、
勾留中の容疑者からブザーの音が
うるさいとクレームがあったため、
抜いていた可能性があるそうです。

府警によると、無職樋田淳也容疑者(30)=
加重逃走容疑で指名手配=は12日夜、
富田林署2階にある接見室のアクリル板を
押し破り、弁護士側の扉から署内を抜けて
逃走したとみられるそうです。

扉は施錠されていなかったそうです。

最近、警察の不手際が多いですね。
ちょっとしたミスです。

ブザーの電池を外すのは考えられませんね。
何のためのブザーでしょうか。

容疑者が逃走して事件が起こらなければ
よいですが。

|

« 日中平和友好条約調印40周年 | トップページ | 日銀資産 »

ニュース」カテゴリの記事