« ソフトバンクグループ | トップページ | 女子受験生の減点問題 »

日大アメフト部

日大アメリカンフットボール部の
悪質タックル問題で、秋のリーグ戦参加を
認められず、プレーする機会がなくなった
4年生の大半が退部する意向であるそうです。

徳島秀将主将ら一部の4年生は
チームに残り、下級生たちと
チーム活動をともにするそうです。

日大と監督・コーチ選考委員会から
新監督として正式発表された橋詰功氏(55)も、
この状況をすでに把握。

4年生33人が参加した全体ミーティングを
終えてから取材に応じ、「4年生はチームへの
期待とか愛着は十分持ってくれている。
強引にしようという気はないが、全員が
やってくれたらいいなと思う」と語る一方で、
「悩んでいるんじゃないかという気がした」とも
話していたそうです。

大半が退部ですか。
仕方ないですね。
試合に出れませんからね。

大学を含め前監督や前コーチの
責任は大きいですね。

|

« ソフトバンクグループ | トップページ | 女子受験生の減点問題 »

スポーツ」カテゴリの記事