« 秋のエルニーニョ現象 | トップページ | 鹿児島県 »

「がん」の3年生存率

国立がん研究センターががんの
3年生存率を初めてまとめたそうです。

がん全体では71.3%だったそうです。

国立がん研究センターは全国のがん
診療拠点病院のおよそ30万人にのぼる
がん患者を分析した結果、2011年に
「がん」と診断された患者の3年後の
生存率が、がん全体で71.3%だったと
発表したそうです。

「3年生存率」をまとめたのは初めてで、
「膵臓がん」では15.1%でしたが
「前立腺がん」は99%、「乳がん」は95.2%、
「子宮体がん」は85.5%だったということです。

がんによってはばらつきがありますが、
かなり3年生存率はよいですね。

早期発見などがよいのでしょうか。
これからも改善されるでしょうね。

|

« 秋のエルニーニョ現象 | トップページ | 鹿児島県 »

ニュース」カテゴリの記事