« 総裁選 | トップページ | スズキ »

XPANDコード

XPAND(エクスパンド、埼玉県東松山市、
南木徹社長、050・5326・8222)が
バーコードや2次元コード「QRコード」など
に次ぐ新しい「XPANDコード」を開発し、
普及に乗り出しているそうです。

細長いデザインで、大サイズでの
表示なら60メートル離れた場所からでも
認識できるのが最大の特徴だそうです。

スマートフォンなどで雑踏や
人混みの中でも簡単に読み取れるため、
外国人観光客の利便性向上にも
寄与しそうです。

もともとは鉄道の時刻や行き先の表示案内板向けに
開発したものだそうです。

QRコードやバーコードだとスペースを
取り過ぎ、美観も損ねるため、「2次元というより、
1次元のコード」(南木社長)という
横長の表示板に適した極細のデザインで
提案したそうです。

数メートル離れた距離からでも表示板に
スマホをかざせば、その路線や電車の停車駅、
到着時刻などが画面に表れる。
このほど、北海道の帯広駅バスターミナルで
十勝バス(北海道帯広市)の表示板に
採用され、運用が始まったそうです。

面白いですね。
遠くからでも認識できるのがよいですね。

物流などにも使えるかも
しれません。
普及するかもしれませんね。

|

« 総裁選 | トップページ | スズキ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事