« 実質賃金 | トップページ | フェイスブック »

65歳以上の雇用

第4次安倍改造内閣の発足を受け、
政府は新たな成長戦略の策定に向けた
議論を開始したそうです。

安倍総理大臣は「全員野球の精神で、
内野・外野の区別なく検討を進めて
ほしい」と指示したそうです。
政府は全世代型への社会保障制度の
改革では、まずは高齢者などの
雇用制度改革の検討を進める方針だそうです。

第4次安倍改造内閣の発足を受けて
政府は5日、総理大臣官邸で
未来投資会議を開き、新たな成長戦略の
策定に向けた議論を開始し、検討課題を
取りまとめました。

それによりますと、安倍総理大臣が
「最大のチャレンジ」と位置づける全世代型への
社会保障制度改革をめぐっては、「生涯現役社会」の
実現に向け、まずは雇用制度の改革の
検討を開始するとしているそうです。

具体的には、継続雇用年齢を65歳以上に
引き上げることや、在宅勤務をはじめ、
高齢者向けの多様な就業機会を整備すること、
さらに健康で働き続けることができるよう、
病気や介護の予防にも重点的に取り組むと
しているそうです。

65歳以上の雇用はわかりますが、
何をやるかですね。
管理者は必要ないですね。
人手不足の業界はたくさんありますが
出来るかですね。
体力も落ちてきます。

|

« 実質賃金 | トップページ | フェイスブック »

経済・政治・国際」カテゴリの記事