« 辺野古撤回 | トップページ | プーチン大統領 »

午後のワイドショー

10月11日に放送された
米倉涼子(43)主演のドラマ「リーガルV〜
元弁護士・小鳥遊翔子〜」(テレビ朝日系、
木曜21時)の初回視聴率が15.0%と
好調なスタートを切ったそうです。

それに先駆けて3日から11日まで、
主に15時枠で再放送された米倉の
代名詞ドラマ「ドクターX〜外科医・
大門未知子〜」も6〜7%をキープ。
最高視聴率は8.5%を記録したそうです。

対照的に普段からの冴えない数字が
浮き彫りになってしまったのが、同時間帯に
放送されていた他局のワイドショーだそうえす。

リーガルV放送前日(10日)のドクターXが
7・7%だったのに対して「ミヤネ屋」
(日本テレビ系)は5.2%、「ゴゴスマ」(TBS系)は3.7%、
「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)は3.5%だったそうです。

なぜワイドショーは“惨敗”したのか。
ネット上では「似たり寄ったりのニュースばかりより、
ドラマの方がマシ」「新しい情報も切り口も
ないから見る気がしない」と批判的な意見が
目立ったそうです。

確かに、ワイドショーはみんな同じですね。
見ませんが。
ドラマの方が人気があるのですね。

|

« 辺野古撤回 | トップページ | プーチン大統領 »

映画・テレビ」カテゴリの記事