« ユニクロ | トップページ | ガソリン価格 »

税制改正議論

2019年度税制改正の議論が10日、
始まったそうです。

政府税制調査会(首相の諮問機関)は
財務省内で総会を開催。
老後の資産形成を支援するため、所得税制の
見直しを進めることを確認したそうです。
11月中旬をめどに意見の取りまとめを目指すそうです。

現行の所得税法では、退職金などにかかる課税は、
勤続年数20年を超えると控除額が大きくなるそうです。
短期間で転職を繰り返すと控除額が小さくなり、
政府・与党内では「働き方の多様化に
適していない」との指摘が出ていたそうです。

中里実政府税調会長は、総会後の記者会見で
「(勤続年数といった)働き方によって税制支援が
異なる。
丁寧に議論する必要がある」と語り、見直しを
進める考えを示したそうです。

税金の見直しも必要ですが
使い方の見直しもやってほしいですね。
社会保障や補助金の使い方など
いろいろあると思います。
公務員。議員定数も削減してほしいですが。

|

« ユニクロ | トップページ | ガソリン価格 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事