« ジャガー | トップページ | 中国の一帯一路 »

女性のやせすぎ

飽食の日本で、20代女性の5人に
1人が栄養失調だそうです。

耳を疑うかもしれないが、これは
特別な人のことではなく、普通に
日本で仕事をして暮らしている
若い女性の話だそうです。

先進国の中で痩せた女性の割合が
最も高いのが日本。

肥満は健康にとってよくないことは
知られているが、実は、痩せ過ぎも
大きな害をもたらす。

栄養不足は女性自身の美容を損ない、
健康を害するだけでなく、
いつか子どもを産みたいと
思っている女性にとっては、
その子の将来にも大きな
影響が及ぶことが分かってきたそうです。

若い女性の摂取カロリーはなんと、
食べるものが不十分だった
終戦直後よりひどい水準なのだそうです。

昭和25年(1950年)の日本人の
全国平均は2098kcal/日(以下同)。
それに対し、平成29年(2017年)の
20代女性のエネルギー摂取量は1694kcal、
30代も1685kcalで、平成27年(2015年)
日本人の食事摂取基準による
推定摂取エネルギー必要量の1950〜2000kcal
(身体活動レベルが普通の20〜40代)に対して、
平均300kacl/日ほど不足しているそうです。

元気な赤ちゃんを産めませんね。
女性はもっと太る必要があります。
男性も痩せている人が増えました。

|

« ジャガー | トップページ | 中国の一帯一路 »

心と体」カテゴリの記事