« 徴用工問題 | トップページ | IBM »

ダイソン

「吸引力の変わらないただ
一つの掃除機」のキャッチコピーで
知られるイギリスのダイソンです。

主力のサイクロン式掃除機のみならず、
「羽根のない扇風機」や「穴の空いた
ドライヤー」から、最新の「勝手に髪が
巻き付くヘアアイロン」まで、ユニークな
家電製品を次々と打ち出してきた。

では、なぜダイソンは革新的な製品を
出し続けることができるのか。
それは、開発の最前線に立つエンジニアの
年齢がとにかく若いことだそうです。

2017年末時点で4450人が在籍する
エンジニアの平均年齢は26〜27歳。
本社があるイギリスの場合、学部新卒は21歳なので、
大学院に進学しなかった場合でも社会に出て
数年の新人ということになる。

ちなみに、日本の電機メーカー・ソニーの
社員平均年齢は42.3歳、パナソニックの場合は
45.6歳だ(エンジニアのみの平均年齢は
ともに非公開)だそうです。

でも反対に、日本企業は、長く勤めているということです。
若いことがよいとは思いませんね。
退職する人が多いかもしれません。

もっと他のことがあるような気がしますが。

|

« 徴用工問題 | トップページ | IBM »

経済・政治・国際」カテゴリの記事