« IBM | トップページ | ジャガー »

学習塾の倒産

2018年に発生した学習塾の倒産は、
過去最多の35件だったそうです。
帝国データバンクの調査だそうです。

同社の調査担当者は、学習塾の倒産が
多発している理由を「同業他社との競争が
激化しているほか、少子化が進んでいる
ためです。
人手不足による人件費の高騰や、
20年に控える(大学入試制度の変更・
小学校でのプログラミング教育必修化
などの)教育改革への対応の遅れに
よって経営・集客が難しくなるケースも
あります」と説明しているそうです。

学習塾以外の業態でも教育関連事業者が
経営に苦しむケースは多く、18年に
発生した教育関連事業者の倒産件数は
リーマンショック後の09年に次いで
多い計91件だったそうです(学習塾の倒産件数も含む)。

人手不足ですからね。
優秀な人材を集めるのが大変なのでしょうね。
少子化ですからね。
厳しい業界です。

|

« IBM | トップページ | ジャガー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事