« 就職氷河期世代 | トップページ | サンマ漁獲枠導入 »

スマートフォンの出荷台数

消費者は、以前のようにこぞって
スマートフォンを購入しなくなっているそうです。

調査会社Gartnerが米国時間7月17日に
発表したレポートによると、2019年の
スマートフォンの世界出荷台数は、
前年から6800万台(3.8%)減少
すると推定されるそうです。

レポートでは需要低下の原因として、
消費者がこれまでよりも長い期間端末を
使い続けるようになっていること、
また、エクスペリエンスの劇的な変化を
求めていることが挙げられている。

PC、タブレット、スマートフォンを
含む端末全体の世界出荷台数は、
2019年に7400万台減少するそうです。

一方、eMarketerなどは、2020年までに
モバイル機器の平均利用時間の
伸びが減速すると予測しているそうです。

スマートフォンが、これまでと大き
く異なる機能、効率、またはエクスペリエンスを
提供しないならば、ユーザーは買い替えをせず、
その結果、スマートフォンの使用期間は
長くなるそうです。

高いですからね。
買い替える必要がありません。
今のままで十分ですからね。
必要ないですね。

|

« 就職氷河期世代 | トップページ | サンマ漁獲枠導入 »