« アップル | トップページ | 豪雨警戒 »

G20

大阪で行われた20か国・地域首脳会議(サミット)は、
ドナルド・トランプ米大統領の独善的な
アプローチと、貿易から気候変動まで
さまざまな問題に対する各国の見解の
相違の拡大に圧倒される形になり、
今の世界にG20が担うべき役割は
あるのかという疑問が専門家の間で
浮上しているそうです。

先進7か国を拡大したG20は以前から、
憲章や明確な権限、執行力がない、

結論が出ないにもかかわらず多額の
費用が掛かるサミットを開催している、
開発途上国のほとんどが除外されて
いるといった批判にさらされてきたそうです。

これまでG20に対する圧力は
反グローバリゼーション活動家からの
ものだったが、28、29日の両日行われた
今回のサミットはG20の正当性に関わる
問題が内部から生じている可能性を
浮き彫りにしたそうです。

お金はかかりますけど、20か国が
あうことが重要です。
見解が違うことがわかることも
重要です。
合わないと、統一できませんからね。

日本としては良かったと思いますよ。

|

« アップル | トップページ | 豪雨警戒 »