« ファーウェイ研究子会社 | トップページ | スマートフォンの出荷台数 »

就職氷河期世代

政府の経済財政諮問会議に提出された
資料(4月10日付)によれば、1993年から
2004年にかけて、毎年8万人から12万人が
就職できないまま大学や高校を卒業したそうです。

新卒時にレールに乗らないことを
「夢を追い続ける選択」と強がっていられたのは
数年だけで、多くの人がその後も無業・
無職だったり、有期の採用と失業を
繰り返したりした。

就職氷河期世代の真ん中あたりに
位置する団塊ジュニア(1971年〜74年生まれ)は
1年ごとの出生数が約200万人に上り、この「数」の面で、
団塊の世代に匹敵する。
そして20年後の2040年には、この人口の層が
65歳を迎え年金を受給する側に回り、
高齢者人口はピークに達する。

確かに、就職氷河期ですね。
でも、それから、正社員になった人もいます。
そのままの人もいます。
社会問題ですが、個人の問題でも
あります。
親の責任もあります。
早急に対策が必要です。

|

« ファーウェイ研究子会社 | トップページ | スマートフォンの出荷台数 »