« 梅農家がミカン収穫 | トップページ | 第201通常国会 »

中国総人口

中国国家統計局は17日、
2019年末時点の中国の総人口を
14億5万人(前年比467万人増)と
発表したそうです。

中国の人口が14億人を超えたのは初めて。

19年の出生数は1465万人で
前年比58万人減となり、
3年連続の減少。
少子高齢化の影響で世界最大の
人口は増加のスピードを鈍らせている。

中国は16年に一人っ子政策を廃止し、
夫婦1組に2人目までの出産を認める
ようになった。

だが、子育て費用の高騰や家族観の
変化などから出生数は歴史的な低迷を続ける。

人口の増加ペースも、17年末の
前年比737万人増から18年末は
同530万人増と、ここ数年は落ちる一方だ。

17日の発表によると、19年の生産年齢人口
(16〜59歳)は8億9640万人で前年比89万人減。

65歳以上の人口は1億7603万人と
同945万人増えた。
22年以降、中国は1962年以降の
ベビーブーム世代が本格的な退職時代に
入るため、今後、労働力が加速度的に
縮小する可能性があるそうです。

日本と同じですね。
日本も対策が必要です。
でも、まだ14億人もいます。
多すぎますね。

|

« 梅農家がミカン収穫 | トップページ | 第201通常国会 »