« 第201通常国会 | トップページ | 米国株式市場 »

中国の肺炎患者

中国・武漢市で発生した
新型コロナウイルスによる肺炎で新たに
患者が17人増え、あわせて218人に
なったそうです。

一方、習近平国家主席は
「疫病のまん延を断固として
食い止める」よう関係部門に直接、
指示を出しました。

中国国営の新華社通信などに
よりますと、新型コロナウイルスによる
肺炎の中国国内の患者が17人増え
218人になったということです。

武漢では198人のままですが、
北京が5人、広東省が14人になったほか、
新たに上海市で1人の患者が確認されました。

このうち、これまでに3人が死亡、9人が
危篤となっています。

今回の肺炎は日本、タイのほか、韓国でも
患者が確認されています。

こうした中、習近平国家主席は20日、
「人民の生命の安全と健康を第一に置くことを強調し
疫病のまん延を断固として食い止める」と関係部門に
自ら指示を出しました。24日からの春節に合わせた
大型連休を前に感染の拡大が懸念される中、
国として対策に本腰を入れる構えを見せた形です。

広がらないければよいですが。
春節が始まります。

日本にも多くの中国人が来ます。
日本国内で感染が広がらないと
よいですが。

|

« 第201通常国会 | トップページ | 米国株式市場 »