« サッポロビール | トップページ | 中国経済 »

感染の影響

新型コロナウイルスの感染拡大の
影響が日本企業の業績にも現れ始めているそうです。

上場企業の間では、来月末までの
年間の業績見通しを引き下げる動きが
相次ぎ、感染の拡大による影響を挙げる
企業が出始めています。

東証1部に上場している3月期決算の
企業のおよそ9割にあたる1400社余りが、
先月中旬から13日にかけて去年12月までの
業績や来月末までの年間の業績見通しを発表しました。

SMBC日興証券の集計によりますと、
年間の経常利益の総額は45兆6170億円と
前の年より3兆5000億円近く減少する
見通しだそうです。

経常利益の見通しを下方修正した企業は
219社にのぼり、業種別では▽化学が33社
▽電気機器が24社▽機械が22社
▽卸売業が14社▽小売業が12社などとなっています。

下方修正の主な理由は、米中の貿易摩擦を背景にした
輸出や生産の低迷ですが、それに加えて
新型コロナウイルスの感染拡大による
影響をあげる企業が出始めています。

中国の影響が大きいですね。
早く、収束すればよいですが。

|

« サッポロビール | トップページ | 中国経済 »