« 国内感染 | トップページ | サッポロビール »

三菱電機

三菱電機は12日、社内ネットワークが
大規模なサイバー攻撃を受けた問題をめぐり、
国内外の拠点で使っていたパソコンや
サーバーなど132台の端末でウイルス感染の
疑いを確認したと発表したそうです。

昨年3月中旬、中国のサーバーが
最初に攻撃を受け、翌4月から国内に
感染が拡大。
外部からの不正アクセスが同年7月まで
続いていたことも明らかにした。

感染した端末は国内87台、香港を含む
中国45台。うち国内の9台が個人情報や
取引先の重要情報に関係していた。

これらの端末を使っていた拠点名は
明らかにしていない。
これまで「社内のセキュリティー体制に
かかわる」との理由で不正アクセスの
時期や端末の被害規模を公表してこなかったが、
「サイバーセキュリティーに資する情報は
社会全体で共有する」(広報)として
一部を説明することにしたという。
攻撃者はまだ特定できていないという。

攻撃が多くなっていますね。
不用意にメールを開くと感染します。

気を付ける必要があります。

|

« 国内感染 | トップページ | サッポロビール »