« 世界のコロナ死者 | トップページ | シャープのマスク »

アマゾン

Amazonは、商品の配送能力と倉庫従業員に
対する処遇の両方で厳しい目を向けられているそうです。

同社は米国時間4月30日の
第1四半期決算報告で、それらの懸念に
対処する姿勢を示した。

最高経営責任者(CEO)で創業者のJeff Bezos氏は、
新型コロナウイルス対策の一環として
第2四半期に数十億ドルを投じる計画を明らかにしたそうです。

 「通常の状況下であれば、次の第2四半期には
約40億ドル(約4300億円)以上の営業利益を
見込んだだろう。しかし今は通常の状況ではないため、
逆にその40億ドルのすべて、おそらくはそれをやや
上回る金額を、COVID関連の経費に充てることを
想定している」(同氏)

その支出には、従業員賃金の引き上げ、
フェイスマスクなどの安全装備の拡充、
Amazon社内でのCOVID-19検査能力の
開発などが含まれる。
その支出によってAmazonは第2四半期に
営業損失を計上する可能性があるという。

売り上げも上がっているようですね。
コロナ対策もおこなうのですね。

アメリカという国はすごいですね。

|

« 世界のコロナ死者 | トップページ | シャープのマスク »