« ワクチンの開発 | トップページ | 夏場のマスク »

閉店のお店

熊本市の中心繁華街で、
新型コロナウイルス感染症の
影響を受けて営業を断念する
店舗が出始めているそうです。

国や県は、事業継続に向けた
給付金や支援金で下支えを
目指すとしたが、給付は追いついていない。

県内が国の緊急事態宣言の
対象から外れたのとは裏腹に、
経営者の苦悩は深いそうです。

同市中心部で100件近くの
店舗物件を仲介・管理する
不動産会社によると、4月末時点で
10件ほどの解約が発生したという。

飲食店のほか、美容室や
衣料品店など業種はさまざま。

「投資額が比較的少ない
スナックやバーなどは、
さらに営業を断念しやすいの
ではないか」とみる。

厳しいですね。
でもですね。
以前から、自転車操業でやっていたお店は
余分なお金はないですからね。

|

« ワクチンの開発 | トップページ | 夏場のマスク »