スポーツ

東芝のバスケチーム

経営再建中の東芝です。

グループ傘下のバスケットボールチーム
「川崎ブレイブサンダース」の運営権を、
IT企業の「DeNA」に譲渡すると発表したそうです。

「川崎ブレイブサンダース」は、1950年に創部した
「東芝バスケットボール部」が母体で、
これまで国内トップリーグを4度制し、
プロバスケットボール「Bリーグ」開幕後も
準優勝を飾るなど強豪チームの一つだそうです。

経営再建中の東芝は、経費削減の一環で
スポーツ事業の見直しを進めていて、
今回、「川崎ブレイブサンダース」を
IT企業の「DeNA」に譲渡することを
決めたそうです。

東芝は、どんどん経費削減していますね。

でもDeNAの方がいいでしょうね。
野球ももっています。
チームが強くなればよいですが。

|

日馬富士

横綱・日馬富士の暴行事件です。

警察は年内にも傷害容疑で
日馬富士を書類送検する
方針を固めたそうです。

この事件は先月、鳥取市内の
飲食店で日馬富士が平幕・貴ノ岩に暴行し、
けがをさせたとされるもので、警察は
傷害容疑で捜査を進めているそうです。

これまでの事情聴取に対し、日馬富士は
ビール瓶で殴ったことは否定したものの、
暴行したことは認めているということです。

また、被害者の貴ノ岩も事情聴取に
「何か硬いもので殴られた」と話し、実際に
何で殴られたかは見ていなかったそうです。

こうしたことから、警察は、年内にも日馬富士を
傷害容疑で書類送検する方針を固めたそうです。

被害届が出ていますからね。
これからどうなるのでしょうか。
注目です。

|

「みまひな」ペア

卓球のワールドツアーです。

女子ダブルスの決勝で、伊藤美誠選手と
早田ひな選手の「みまひな」ペアが快勝だそうです。

相手は、世界ランク1位と2位の最強・中国ペア。
格上が相手でも、早田選手のフォアハンドで崩し、
最後は伊藤選手が決めたそうです。

抜群のコンビネーションで、最強・中国ペアを
黙らせ、第1ゲームを奪います。
続く第2ゲームは簡単に奪われますが、
迎えた第3ゲーム。最強ペアの強打にとことん
食らいつく意地をみせ、ゲームを取り返すと、
早田選手の武器、フォアハンドが決まります。

結成してわずか9か月の17歳「みまひな」ペアが
最強・中国を下し、今シーズン、ツアー
2勝目を挙げたそうです。

すごいですね。

日本選手が頑張っていますね。
どんどん中国選手に追いついて
います。
東京オリンピックが楽しみに
なりますね。

|

石川遼

日本オープンゴルフ選手権 2日目です。

石川遼はこの日7時26分に10番ティからスタート。
早朝にも関わらず多くのギャラリーが石川の組に
ついたそうです。
ハーフターン時の18番から4番まではかなり
強い雨に見舞われたが、それでも石川への
声援が減ることはなく、ファンたちは傘を
さしながらプレーを見守り続けたそうです。
しかし、この日のプレーは61位タイと出遅れた
初日よりも厳しいものとなったそうです。

ショットが安定しない理由は分かっているという。
石川の自己分析によれば「手首の使いすぎ」と
「前傾姿勢が崩れてしまっている」のがその原因。

その結果インパクト時にアドレスの時より手元が
浮いてしまい「打点がブレやすく、フェース面も
ブレやすく」なってしまっているそうです。

順位も上がりませんね。
悪い原因がわかっていても直せないのが
問題ですね。

これからも厳しいですね。

|

琴奨菊

小結・琴奨菊(33)は負け越しが
決まりました。

11年初場所から6年半も務めた
三役からの陥落することが
確実になったそうです。

栃ノ心に敗れると支度部屋では
目を潤ませ「しっかり前を向いていけばいい。
何かが足りないし、強くなると信じて
いくしない」と言葉を絞り出したそうです。

大関時代の16年初場所で
初優勝を飾ったが、同年九州場所から
2場所連続で5勝10敗となり関脇に
陥落。

そして、夏場所から2場所連続で負け越し、
次の秋場所は10年九州場所以来の
平幕が確実となったそうです。

寂しいですね。
せっかく、大関になったのにね。
でも、また頑張ってほしいですね。

|

野球離れ

ここ十数年少年野球の人口が
著しく減少しているそうです。

昭和の時代は、子どもから大人まで
楽しく野球を楽しんでいました。
また、野球漫画に夢中になったと
いう人も多いのではないでしょうか。

しかし今は…。小学生の男の子
およそ1700人を対象に「将来なりたい職業」を
聞いた結果、
1位はサッカー選手。
野球選手は2位でだそうです。
3年前に順位が入れ替わり、それ以降、
差は広がる一方だそうです。
全日本軟式野球連盟に登録されている
少年野球のチーム数も、2011年度は
1万4000あまりだったものが
昨年度は1万2000あまりになっているそうです。

野球離れが急速に進んでいるのは、
要因として、少子化、スポーツの選択肢の多様化
、そして地上波でのプロ野球中継の
減少などが指摘されているそうです。

昔は、スポーツは野球しかありませんでした。
でも、今はいろいろあります。

そして試合が長すぎますね。
2時間近くもあります。
サッカーも長いですが、ドラマがあります。
わくわくします。
でも、野球はそれがないですね。

野球少年を増やすのは難しいような
気がします。

|

プロボクサーの数

世界的なボクシング記録サイト
「ボックスレク」です。

2017年4月20日時点で、アクティブに
活動しているプロボクサーの数は
世界で2万3460人だそうです。

ボクシング大国のメキシコが3343人、
マーケットの一番大きいアメリカが3266人、
いま最もボクシング景気がいいと言われる
イギリスが1000人で、日本は1436人と
なっているそうです。

世界メジャー4団体、17階級の男子世界チャンピオンの数を
比較してみると、アメリカが14人、イギリスが10人、
メキシコと日本が各9人と続く(統一王者は1人と
カウント。WBAの暫定王者、WBCの名誉王者を除く)
だそうです。

ボクサーの数、チャンピオンの数からいえば、
日本は堂々たる“ボクシング大国”だそうです。

でも、日本ボクシングコミッション(JBC)によると、
ボクサー・ライセンス保持者、つまりプロボクサーの数は
'04年の3630人をピークに年々減り続けているそうです。

'16年はついに2306人となったそうです。

このうち定期的に試合をしている選手は
1486人('15年)だそうです。

プロテスト受験者数は'03年の1602人をピークに、
'16年は620人にまで減ったそうです。

少子化ですからね。
そして、いろいろなスポーツが楽しめます。
厳しいですね。

|

稀勢の里

大相撲春場所で2度目の優勝を
果たした横綱稀勢の里関(30)
(田子ノ浦部屋)です。

春巡業を休場すると、師匠の田子ノ浦親方
(元幕内隆の鶴)が29日、明らかにしたそうです。

左上腕部の筋肉損傷で加療約1か月を
要するとの診断書を提出したそうです。

田子ノ浦親方は「本人は出たいだろうが、
まずしっかり治すことを優先した」と話したそうです。

稀勢の里関は春場所13日目の
日馬富士戦で負傷。
その後も強行出場し、千秋楽では優勝決定戦の
末に賜杯を獲得しました。

感動しました。
貴乃花のとき以来ですね。

けがを早く治して、次の場所に
出場してほしいですね。

|

フィギュアスケートの世界選手権の代表

日本スケート連盟です。

25日、大阪・門真市の東和薬品ラクタブドームで
行われたフィギュアスケートの全日本選手権
終了後、来年3~4月の世界選手権
(ヘルシンキ)代表を発表したそうです。

男子はインフルエンザのため、全日本選手権を
欠場したソチ五輪金メダルの羽生結弦(22)=ANA、
全日本選手権を初制覇した宇野昌磨(19)=中京大、
同2位の田中刑事(22)=倉敷芸術科学大=が
選ばれたそうです。

女子は3連覇を果たした宮原知子(18)=関大、
同2位の樋口新葉(わかば、15)=東京・日本橋女学館高、
同3位の三原舞依(17)=神戸ポートアイランドク=に
決まったそうです。

同12位の浅田真央(26)=中京大=は落選したそうです。

順当ですね。
浅田真央は、選ばれなかったのですね。
順位がよくなかったですね。

勝負の世界は厳しいですね。
でも、スケートを続けるそうです。

|

スノーボードの全強化選手

全日本スキー連盟です。

飲酒問題を10月に公表した後、スノーボード選手らに関して
別の飲酒問題やパワハラを指摘する投書が
4件寄せられたそうです。
今年4月には男子スロープスタイルの
強化指定選手2人が大麻を使用した
問題が発覚しているそうです。

全日本スキー連盟は、スノーボード
男子ハーフパイプ(HP)の未成年を含む
強化指定選手の飲酒問題に絡み、第三者委員会を
設けたと9日発表したそうです。

スノーボードの全強化指定選手らを調査し、
選手は連盟の行動規範に違反がないと
判断されるまで、ワールドカップ(W杯)への
出場などを一時取りやめるそうです。

もう少ししたらオリンピックが
始まります。

どうするのでしょうか。

でも、飲酒や大麻では、選手の出場は
出来ませんね。
きちんと調査する必要があります。

|

より以前の記事一覧