ペット

犬の認知症

ペットの犬や猫の高齢化が
進んでいるそうです。

だが、ターミナルケア(終末期医療)に
取り組む動物病院はまだ少ないそうです。

現在、国内外において犬猫の獣医学研究は
発展途上にあるそうです。

認知症のメカニズムの全容は
科学的に証明されていないそうです。

犬の認知症はアルツハイマー病と
異なるそうです。
アルツハイマー病の特徴の一つは
老人斑という脳の病変だが、犬の
老人斑は人間と比べて薄く、
症状とは関連しないそうです。

犬の場合、認知症の症状は明確だそうです。
15〜17歳で夜鳴きや徘徊、
壁の前で立ち尽くすなどの現象が
起きることがあるそうです。

人間でも大変なのに、犬の
認知症が出るともっと大変ですね。

飼い主は、人間と同じように
終末まで考えて飼う必要が
ありますね。

|

飼い猫

飼い猫が飼い犬に比べて増えているそうです。

日本におけるペットの歴史が、大きな転換点を
迎えているそうです。

犬と猫の飼育数が、歴史的な逆転を
迎えようとしているそうです。

なぜ猫が人気なのか。

そこには、飼い主側である人間のさまざまな
身勝手があるそうです。

ペットフード協会の年次推計によれば、

2014年10月時点の猫の国内飼育数は
996万匹と過去3年間で3.7%増えたそうです。

犬がこの間13%減って1035万匹と
なったのとは対照的だそうです。

一世帯当たりの飼育数が犬1.25匹、
猫1.79匹だそうです。

猫は複数飼いが主流だそうです。

猫は清潔好きで、犬のように散歩させる
必要がないそうです。

共働きが増える一方、住宅が狭いことで
受け入れられているそうです。

時代に合わせて、飼う動物も
変わっていくのですね。

|

北海道にカブトムシ

北海道には元々、カブトムシはいなかったそうです。

もともと北海道に生息しないカブトムシを
飼い主が野外に放つ問題がでているそうです。

道内の生態系に悪影響を及ぼすのを
防ぐため、道は18日、ペットを販売する
ホームセンターなどで「捨てないでネ」と
書かれたリーフレットの配布や掲示をしているそうです。

夏休みを前にした子供らに、最後まで責任を
持って飼うよう呼び掛けているそうです。

在来種のクワガタムシと競合し駆逐する
可能性があるなど生態系への影響が
最も懸念されるそうです。

知りませんでしたね。
北海道には、カブトムシはいないのですか。
最近、気温も上がっていますから、
冬を越せるのでしょうね。
気を付けないといけませんね。

|